本をもらったので速攻で自炊して捨てた


光文社@リストラ中から荷物が届いた。


中身は新刊書のようだ。

私は富士通のScansnapを使い続けて、すでに10年近くになる。初代のScansnapは本当にひどい代物で、紙の端がちょっと折れたり、静電気で貼り付いてるだけで原稿が二重送りされて簡単にエラーが出て止まってしまった。しかし、唯一の「自動両面カラースキャナー」だった。当時、一人で住んでいた47平米の部屋には仕事の資料と本が山積みされており、ベッドからトイレに行くのも本の山を崩さないように「カニ歩き」をしなければならない状態だった。三年がかりで大量の資料をスキャンし終えた。しかし「本をバラす」には勇気が必要だった。

モノを効率よく整理するために共通するノウハウがあると思う。最初はカセットテープ、VHSテープ、CDから捨てたが、保存するものと捨てるものを峻別しようとすると、いつまでも手がつかない。服でも物品でも片付けながら思い出に浸っていたら時間が無駄に過ぎていくだけである。そこで、自分自身に課した原則は以下の三つである。

1、深く考えずに捨てる。
2、二年間使わなかったものはゴミと同じ。
3、絶対に捨てられない大切なものを真っ先に捨てる。

PLUSの裁断機を買って本を切り刻み始めたのは六年ほど前で、Scansnapも三代目になった。すでに一万冊以上の本をスキャンして捨てた。その量は、資料と合わせて1テラバイトになろうとしている。

最初はPCの液晶画面で本や資料を読むのは苦痛だった。しかし電子化のメリットは部屋のスペースを確保できるだけではない。adobeのAcrobat Readerは重いだけでウィルスみたいなものだが、PDFビューワーを「PDF-XChange Viewer」に変えるだけで様変わりする。このソフトが優れているのは、PDF文書に「傍線」「囲み」「書き込み」「注釈」など入れて保存することが出来ることである。資料として読んだ本にいくつもの付箋紙をつけても、後から当該箇所を探し出すのに苦労するが、このソフトでは書き込みが「しおり」になるので、当該ページに簡単にジャンプすることが出来る。慣れてしまえば紙の本には戻れなくなる。


そんなわけで、もらった本も即座に切り刻むことにする。


裁断機は中国製で必要かつ充分。


Scansapは何度も買い換えて既に五代目である。



バラし易くて、とても良い本だ。宣伝乙。