日本長期信用銀行国有化後の千昌夫『FRIDAY』


〝歌う借金王〟こと千昌夫(51)が、埼玉・戸田競艇場のイベントホールで行われた「千昌夫歌謡ショー」で、久しぶりにファンの前に姿を現した。

「私、1レースは4-5だと思うんです。これで借金を返そうと思ってます」

と、自分自身への巨額融資が「焦げ付い」た日本長期信用銀行が破綻、国有化され、公的資金の投入という事態に陥ったことなど目もくれず、借金ギャグを連発し、観客の爆笑を誘っていた。しかし、この日、ステージに立った千の体形は、ご覧の通りの太り過ぎの二重アゴ。大汗をかきながら、ペットボトルを片手に歌う姿には、哀れさすら漂う。しかも、『北国の春』を歌っても、サビの「ふるさとへ帰ろかな・・・」と盛り上がる高音部分で、声がかすれてしまう。ブランクが長かったためか、高音が出ない。ブランクが長かったためか、自分の代表曲すらきちんと歌えなくなっているのだ。

沖縄慶良間列島 座間味村のホテル建設を巡る権力闘争『FRIDAY』

沖縄県宜野湾市内のラブホテルから、一組の男女が姿をあらわし、今まさに車に乗り込もうとしている。右側の男性は、同県座間味村村長の與儀九英氏(68)、左は村役場の女性職員(42・3月末に退職)。

長寿で有名な沖縄とはいえ、白昼堂々と26歳も年下の女性を伴ってラブホテルとは、何ともアッパレな元気溌剌ぶりであるが、人口約1000人の座間味村は、今この「不倫逢い引き写真」を巡って大揺れに揺れているのだ。

座間味村は、沖縄本島の南西に位置する慶良間列島の一部で、太平洋戦争終結時の1945年3月に、米軍が初上陸した島。現在は世界一美しいといわれる珊瑚礁を抱えるスキューバダイビングのメッカだ。毎年、多くの観光客で賑わうこの村で、何が起こったのか。

小渕首相の貸し渋り対策20兆円が国を滅ぼす『FRIDAY』

小渕恵三首相(61)が、「中小企業支援」を謳い文句に打ち出した、銀行の「貸し渋り対策」(中小企業安定化特別制度)が、足元から揺らいでいる。昨年10月のスタート以来、この制度を利用して融資をうけた中小企業が続々と倒産しているのだ。 民間信用調査機関・帝国データバンクの熊谷勝行情報部長が言う。

「倒産の続出は、この政策がいかにデタラメで、税金をズサンに使っているかを証明しています。政策本来の目的を考えれば、これらの企業は一社たりとも倒産してはいけないはず。『貸し渋り対策』といいながら、実際は、その元凶である銀行に税金で不良債権の埋め合わせをさせているに過ぎません」

横浜佐々木主浩投手 サイパン乱闘事件の現場写真 『FRIDAY』 

「こちらが一方的に暴力を振るったように言われてますが、原因を作ったのは佐々木さん本人です。それを『被害者』のように主張してる。有名人なら何をしても許されるのでしょうか。もう黙っていられれません」

怒りに震えた表情でこう話すのは、都内でクラブを経営するA氏。このA氏こそ、1月18 日、横浜ベイスターズの佐々木主浩投手(28)が、サイパンのカラオケクラブ『ブルーラグーン』で殴られ、11針も縫うケガを負った乱闘事件のもう一方の当事者、つまり喧嘩相手の一人なのだ。もちろん、乱闘相手がマスコミの取材に応じるのはこれが初めてである。

岸部四郎破産の真相『FRIDAY』

レギュラー番組を投げ出し、自己破産を申請--。岸部四郎氏(48)の行動に、マスコミ各社は連日「突然なぜ?」と報じているが、この一件、本誌にしてみれば、「突然」でもなんでもない。

彼の危ない〝裏の顔〟について、本誌はすでに昨年4月18日号で指摘している。本人名義の額面1000万円の約束手形と免許証のコピーが金融プローカーの間に出回っていることを報じ、情報番組の司会者として、彼は不適格ではないかとの疑問も呈していたからだ。

岸部四郎の〝手形コピー〟が妙な所に出回っている『FRIDAY』

いま一部の金融ブローカーの間で、奇妙な約束手形のコピーが出回っている。額面1000万円、振出人は岸部四郎氏(45)。しかも、ご丁寧に岸部氏本人の免許証のコピーまで添えられているのだ。ある銀行幹部はこういう。

「有名企業の手形のコピーが出回ることはよくありますが、ほとんどが偽造。こうしたコピーは、手形詐欺やM資金などの架空融資に悪用されるケースが多いので非常に危険なんです。しかしこの岸部さんのケースは、免許証のコピーが一緒ですから本人も関与しているのは確実。事業家失格ですよ」

大石寺が手に入れた「8億円豪邸」の使い道『FRIDAY』

東急大井町線の等々木駅から徒歩で5分、東京・世田谷でも屈指の高級住宅街の一角に、この白亜の豪邸がそびえ立っている。

敷地面積は863㎡、床面積は307㎡に及ぶ。しかも、23区内では唯一の等々木渓谷に面しているので、鬱蒼と生い茂る木々や眼下を流れる谷沢川への眺望が、都心では考えられない絶景であることは間違いない。この大豪邸の「事実上の所有者」が、創価学会との激しい宗門争いを繰り広げている日蓮正宗総本山「大石寺」の阿部日顕法主(72)ではないかとといれわているのだ。

NHKスペシャルが持ち上げた〝病院再建屋〟が倒産雲隠れ『FRIDAY』

〈26歳で病院の事務長を務めた後、巨大な病院グループの幹部として全国に病院を開設した経歴を持つ。その後、35歳で独立・・・現在、顧問をつとめる病院はおよそ30カ所。経営建て直しにも数多く取り組んできた───〉

NHKの看板番組「NHKスペシャル」が、『病院再建の内幕』と題した93年1月13日放映分でこう持ち上げた人物が、忽然とその姿を消してしまった。「日本病院サービス」社長の脇隆治氏(48)。病院経営コンサルタント、病院再建屋として、NHKをはじめ、数多くのマスコミにもてはやされた人物である。