業績低迷の〝元凶〟新生銀行ポルテ社長を解任できないのか?『週刊朝日』Part3

実は、ポルテを切れない理由がもう一つある。それは、「次期社長候補がいない」からだ。長銀出身のベテラン行員が言う。

「本来なら旧長銀出身者をトップに据えるのが収まりがいい。ところが、有能な人間は既に外資などに転職してしまった。金融法人の担当の加藤正純と事業法人担当の富井順三が、副社長になりますが、外資から招致された幹部と比べると実績が無い。他の日本人では、杉山会長が連れてきた三和出身の寺井宏隆専務は、役員会で『リテール部門は簡単に利益が出ない。10年後を見越してプロジェクトを作るべきだ!』とトップに直言するほどの情熱家でしたが、杉山会長と一緒に退任してしまいます・・・」

では、招致部隊の外国人が社長になればいいのではないか。候補として上がっているのは、サンホー・ソン、クラーク・グラニンジャーの二人だ。しかし、「二期連続で外国人トップは難しい」という見方も根強い。

「昨年8月に日本政府が筆頭株主になった時、サンホーが金融庁に挨拶に行った。すると、『なぜ、あなた(のような韓国人)が来るんだ』という応対をされたそうです。行政側が差別的な態度では、有能な人間があえて火中の栗を拾おうとはしない」(新生銀幹部)

そして、TOBで筆頭株主になったフラワーズ自身も迷走している。

「オランダの金融機関のNIBCを買収したものの株式公開が出来ず、売却先を探している。英国のノーザンロックの買収でも、相手にされなかった」(米系投資ファンドMD)

新生の転落は、フラワーズが、〝お友達〟のポルテを社長に据えたことに端を発している。ポルテを切らずに、旧友の松本大(マネックス証券社長)しか連れてこれなかったことに、フラワーズの〝限界〟が見える。

再び新生銀行の筆頭株主となったフラワーズがやるべきことは、土下座をしてでも能見公一(あおぞら銀行前会長)クラスの日本人バンカーをスカウトしてくることしかない。このまま〝お友達人事〟を続けるなら、ウォールストリートの人間が世界に広げた経済の「グローバリズム」なるものが、ご都合主義のローカルルールに過ぎなかったと証明することになるだろう。

 ■    ■

八城の自宅に質問書を送ると、翌朝、筆者の携帯電話に北京から国際電話がきた。会長復帰決定後に、八城がメディアの取材に応じるのは初めてである。

-会長復帰の経緯は?

「日本人と外国人、ポルテ氏と日本人幹部の間のコミュニケーションがうまくいっていない面があったんだ。橋渡し役のシニアの日本人がいなかったので、僕に戻って欲しいと、新生銀行の指名委員会で決定して、委員長の槇原さん(稔、三菱商事相談役)から連絡があったんです」

-ポルテの問題を指摘する声は多い。

「ポルテ氏に問題があることは分かってる。彼は非常に金融の知識があるんだけど、表現が直接話法なんだね。ストレートに何でも言ってしまう。相手は反論もできない。それはポルテ氏に『ちゃんと変えなければ駄目だ』と、去年の秋から言ってる。周りの人も話を聞くようになったと言ってますけどね。これからは僕が月に2回は会合をもって、大きな戦略を決めていこうと思います」

-本店ビル売却は3割ルール回避と批判された。

「五百数十億円で買ったものを一千億円以上で買いたいというのですから、売るのは当たり前です。売却益を有効に使うべき。城を明け渡すとか、エモーショナルに考えすぎです」

-どう経営を立て直すか。

「法人とリテールというビジネスモデルが悪いわけじゃない。ただ、僕がいた時と変わって、たとえば口座を開くのに2週間もかかるようになった。日本の銀行と同じになったんです。悪いところは変えて、消費者金融の問題もクリーンにして改善していきます」

ポルテの寝首を掻こうとする幹部が現れず、来年80歳になる八城に頼らざるを得ない新生銀行に、どんな未来があるのか・・・。


業績低迷の〝元凶〟新生銀行ポルテ社長を解任できないのか?『週刊朝日』2008年7月4日


業績低迷の〝元凶〟新生銀行ポルテ社長を解任できないのか?『週刊朝日』Part1
業績低迷の〝元凶〟新生銀行ポルテ社長を解任できないのか?『週刊朝日』Part2
業績低迷の〝元凶〟新生銀行ポルテ社長を解任できないのか?『週刊朝日』Part3


追記:
11月12日、新生銀行はティエリー・ポルテ社長の退任と八城政基会長の社長兼任を決めた。筆者は、社長就任前からポルテのトップとしての資質に疑問を呈していた( 新生銀行会長 八城政基は勝ったのか Part4 『文藝春秋』)。グローバルな金融危機などの止むを得ない事情があったとはいえ、ポルテの経営判断が就任直後から支離滅裂だったことは何度も指摘している。遅すぎる退任というより、そもそも社長に据えたことが間違いだったのだ。記事にも書いたとおり、ポルテを社長に招致したのはフラワーズである。しかし、当時、この異常な人事についてフラワーズに「NO」を言えた人間がいるとすれば、八城ただ一人だったろう。2005年2月に『文藝春秋』の取材でインタビューした際に、「ポルテの評判の悪さ」について八城に直接問い質したが、明確な答えを避けて言葉を濁すだけだった。あおぞら銀行や東京スター銀行の現状を見れば分かるとおり、バイアウトファンドの論理で商業銀行の経営を指揮することは不可能と結論せざるを得ない。レイクを信じがたい高値で買い、多くの有能なバンカーが退社し、住信SBI銀行などのネットバンクが台頭する中、新生銀行の再建は極めて難しい仕事になるだろう。