「住専借金王」末野興産グループ〝資産隠し〟の超豪華パチンコ店『FRIDAY』


「返せるもんは返してます。隠している金なんて一銭もありません」

「末野興産」の末野謙一社長(52・写真上)は、昨年末、本誌の取材にこう明言していたハズである。だが、やはり「資産隠し」はあった。それが、写真左の超豪華パチンコ店である。

住専5社から2365億円(95年6月末)もの融資を引き出した「末野興産」グループを巡っては、破綻前日の「木津信組」から引き出された預金約370億円などの「資産隠し」疑惑が指摘されていた。しかし末野社長は、

「あの預金は、私のものじゃない」

と答え、これまで実態は把握できなかった。ところが今回、ついに「資産隠し」の動かぬ証拠を発見したのである。

JR新大阪駅から徒歩で約5分、新御堂筋沿いの一等地に、ピンクの外装も色華やかな大型パチンコ店「P・Pocket」がある。スロットマシンを含めパチンコ台は350台以上。1階には喫茶室、3~4階には100台収容可能な駐車場を備えた超豪華店である。

実はこのパチンコ店の経営母体が、「末野興産」グループなのである。この店の営業許可が出たのは、95年10月17日のこと。つまり、住専処理案を巡って大蔵省で大論争をしている真っ最中に堂々とオープンしたことになる。

この店を営業しているのは、末野グループの「日新観光」。

「日新観光の代表者は、他のグループ会社の代表も兼ねる末野社長の側近の1人。末野社長が北新地で飲むときには、『カバン持ち』のような役目で、必ず同席しています」(末野興産の取引関係者)

さらに、「日新観光」には、末野社長の長男も役員に就任している。

「開店当日には、末野さんと親しい梅宮辰夫夫妻もかけつけています。末野さんは、『年内にもう2店舗オープンさせる。資金は1500億円あるんや。駅前にいい物件がないか探しといてくれ』と豪語していました」(前出・取引関係者)

しかし、この時期にパチンコ店を開業するとは、いったい、そんな金がどこに残っていたのだろうか。ましてや1500億円もの巨額資産があるとは・・・。 調べてみると、パチンコ店の建物には、開業時に「関西興銀」が、極度額20億円の担保設定(仮登記)をしている。

普通なら、巨額負債に喘ぐ末野グループへの新規融資など非常識極まりないことだ。しかし「関西興銀」は、末野グループが「木津信組」から引き出した預金の一部を預け替えたと言われる金融機関。つまり、「隠し預金」を背景に「関西興銀」から融資が行われた可能性が極めて高いのだ。

しかも、「隠し預金」の存在が囁かれだした今年1月、この20億円の債権者が、「関西興銀」から末野グループの「ドリーム」に移っている。「ドリーム」は、資本金わずか900万円で設立約1年の会社。とても20億円もの資産があるとは思えない。この不可解な債権者移動、「隠し預金」を知られたくないという意図がミエミエではないのか。

本誌は、こうした疑問をぶつけるべく、再三「末野興産」に連絡をし、末野社長宛てに質問書も渡したが、何の回答も得られなかった。

「私は逃げ隠れもしません」

こう言った末野社長の言葉はウソだったのか。住専処理に税金が投入される以上、借り手側の「資産隠し」は、絶対に許されない。

(初出:『FRIDAY』1996年2月23日号)

住専5社から1800億円 最大の借り手 末野興産社長を直撃『FRIDAY』

関西老舗暴力団と「末野マネー」を結ぶ〝問題の土地〟『FRIDAY』