防衛庁「UX次期多用途支援機疑惑に怪しげな男の影」『週刊朝日』vol.2

野中に一蹴されて、UXの機種選定は宙に浮いてしまったようだ。防衛庁は、八月三十一日の来年度予算の概算要求で、「UXを二機、七十二億円で購入する」とした以外、機種については一言も触れず、九月中旬に開かれる関係四閣僚協議の席上での機種決定に望みをつないだ。しかし、それもフランスのバラデュール首相から村山総理に「機種選定に開かれた競争」を求める親書が送られて、またしても機種の決定は先送りになった。ある軍事評論家が言う。

「大倉商事を通じたガルフ購入の図式を整えたのは新生党。竹下派が分裂して持ち出された防衛利権を、政権を取り戻した自民党が黙って見過ごすわけがない」(軍事評論家)

UX商戦には、新生党や防衛庁の屋台骨を揺るがしかねない数々の疑惑が囁かれてきた。今から三年も前に、ガルフを輸入する大倉商事と、ファルコンの整備会社という異例の組合せに、防衛庁の航空幕僚幹部が積極的に関与したといわれるのが一つ。二つ目は、大倉商事の子会社から新生党の国防族議員に多額の顧問料が支払われていたという問題である。そして疑惑の鍵を握るのが、ジョン・カーボーという米国人ロビイストである。。昨年、本誌が指摘した「AWACS疑惑」でも、やはりこの男が介在する。

防衛庁「UX次期多用途支援機疑惑に怪しげな男の影」『週刊朝日』vol.1


「新生党が牛耳っている防衛利権を、自民党が突き崩そうとしている」

いま、防衛庁はもとより、永田町では、この噂でもちきりだ。引き金は八月十二日に行われた閣僚懇談会での野中広務自治相の発言だった。この日、航空自衛隊が中期防衛力整備計画の中で購入を決めていたUX(次期多用途支援機。司令官の移動や連絡、訓練支援などに使われる))の予算と具体的な機種決定が、閣僚間で承認されることになっていた。ところが野中氏が、「疑惑あり」として待ったをかけて、機種選定が暗礁に乗り上げてしまったのだ。

「UXは、最初からどの機種を購入するか決まっていたという噂がある。国会でも問題になったぐらいだから、第三者機関を設置するなどして、公正ににやるべきだ」

現職閣僚として異例の問題提起である。一回の購入単価だけで、数十億円を軽く超える買い物をする官庁は、防衛庁を除いて存在しない。この莫大な「防衛利権」を牛耳るといわれる新生党に挑みかかった野中広務氏を直撃した。

新井将敬代議士と「桃源社」佐々木吉之助被告の〝深い仲〟『FRIDAY』




「新井将敬さんが言っている事は、ウソばっかりです。彼は大蔵官僚だった頃から、桃源社の佐々木吉之助社長と非常に親しかったんです。しかも新井さんは、その関係で大蔵官僚時代に、事実上『副業』までしていたのです」(都内で会社を経営するA氏)

先月、新進党を離党した新井将敬代議士(48歳)と、競売入札妨害罪などで逮捕、起訴された桃源社の佐々木吉之助被告(63歳)の“仲”について、本誌はこんな爆弾証言を入手した。

関西老舗暴力団と「末野マネー」を結ぶ〝問題の土地〟『FRIDAY』


「いい加減な言い逃ればかりで腹が立ちますよ。末野社長は、『私は暴力団と関係ない』などと言ってますが、あれも真っ赤な嘘。その動かぬ証拠が、ミナミの『八幡筋モータープール』なんです」(金融機関の末野興産担当社員)

見せガネで「資産隠し」のダミー会社を設立し、公正証書原本不実記載で大阪地検特捜部に逮捕、起訴された末野興産の末野謙一社長(52歳)。「隠し資産ははない」「身を粉にして借金を返済する」・・・・本誌のインタビューや国会答弁で繰り返した末野社長の“嘘”が、次々と明らかに中、本誌は、「暴力団とは一切関係ない」という言葉も、嘘だったという証拠を掴んだ。

「住専借金王」末野興産グループ〝資産隠し〟の超豪華パチンコ店『FRIDAY』


「返せるもんは返してます。隠している金なんて一銭もありません」

「末野興産」の末野謙一社長(52・写真上)は、昨年末、本誌の取材にこう明言していたハズである。だが、やはり「資産隠し」はあった。それが、写真左の超豪華パチンコ店である。

住専5社から2365億円(95年6月末)もの融資を引き出した「末野興産」グループを巡っては、破綻前日の「木津信組」から引き出された預金約370億円などの「資産隠し」疑惑が指摘されていた。しかし末野社長は、

「あの預金は、私のものじゃない」

と答え、これまで実態は把握できなかった。ところが今回、ついに「資産隠し」の動かぬ証拠を発見したのである。

住専5社から1800億円 最大の借り手 末野興産社長を直撃『FRIDAY』


「確かに会社全体で3500億円ほど借金はあります。けど、ウチは大阪や東京、九州の一等土地に物件を持っとるまっとうな貸しビル業者であって、谷底や山林を担保に金を借りたようなムチャクチャな業者とは一緒にせんで下さい」

8兆円もの不良債権を抱え、公的資金の導入による一括清算が決定的になった住宅金融専門会社(住専)。写真の人物は、この住専5社から、実に約1800億円以上の最大の融資を引き出した「末野興産」(大阪市西区)の社長、末野謙一氏(52歳)である。

末野氏は、吹田市内の千里ニュータウンに3階建て総床面積約400平米の豪邸を構え、運転手付きのベンツ600に乗り込んで毎日出勤している。その姿からは、とても、グループ全体で約3500億円もの借金を抱えた会社のオーナーとは思えない。

出勤前に直撃すると、末野氏は、意外なほど鷹揚に取材に応じてくれた。

羽賀研二「金と女」巨大伝説を徹底解明 『週刊朝日』Part4

「研二は、大阪に行くたびに二郎さんと一緒に、新地やミナミの高級クラブへくり出して、多い日には一晩で何百万円も使うとったな。そこで知り合うた末野興産の役員に、連日のように電話をかけまくっそうや」(前出・関西の芸能プロ関係者)

ところが、そんなに簡単に借金話が運ぶハズがない。しかし、どうしても諦め切れない羽賀は、昨年八月、もともとゴルフは滅多にやらないハズなのに、渡辺氏に頼み込んで、末野興産が主催したハワイのゴルフコンペに参加するのである。「奥尻島被災者救援」という名目で開催されたコンペには、藤田まこと、やしきたかじん、大島親方、××親方、元横綱旭富士などのそうそうたるメンバーに混じって、梅宮辰夫ファミリーの姿もあったのである。なぜ、梅宮氏が参加したのか。

「末野興産は梅宮さんのスポンサーでもあるんです。もう長いこと、家族ぐるみの付き合いをしてる。『兄貴』『兄弟』と呼び合うような間柄なんですよ」(関西の不動産業者)

そして、このゴルフコンペで、初めてアンナと知り合った。二人はホテルハレクラニのプールサイドで、何度かあっている姿を目撃されているのだ。借金の方も、末野会長と同席したチャンスに申し出て、会長から承諾をもらったという。ハワイから戻った羽賀氏は、不動産やお定まりのダイヤルQ2などを、末野興産に持ち込んだ。

羽賀研二「金と女」巨大伝説を徹底解明 『週刊朝日』Part3

羽賀は、これまでの借金の返済資金にしたいと説明し、その明細を書面にして持ってきた。書面は、A4版の用紙二枚で、毎月の支払い先や支払い先金融機関、支払い期日などが項目別に克明に記されている。

その一例を抜き出してみると、三つのゴルフ会員権のローンとして、北拓銀行に毎月七十万円。横浜商銀への返済額は八十二万円。中には、当時住んでいた田園調布の借家の持主である有名女優の名前もある。母親の初子さんへの仕送りは五万円である。

この明細書は、かつて羽賀と同棲していた女優の妹が書いたものといわれ、毎月の返済額を合計すると、四百万円を超えている。さらに、一部週刊誌で報道された女性からの借用書も添え、惨状を訴えた。借用書の記載によると、平成四年二月に二千万円、六月には五千万円を返済し、以後三十万円から二十万円を返する計画になっている。この返済計画が、最初の支払い期日から破綻したことは既に報じられている通りだ。

もっとも羽賀はこの女性からの借金をかえす気が全然なかったわけでない。ある人物に「女性に返すため」という理由で二千万円の借金をしたこともあるのだ。ある人物とは、尾崎豊の死の直前に会っていたとして話題になった、渋谷区でエステティックサロンなどを経営する岸田真介氏だ。

羽賀研二「金と女」巨大伝説を徹底解明 『週刊朝日』Part2

アンナとの交際が発覚したのが今年七月。その後、何人もの女性が羽賀との「過去」を暴露した。追い撃ちをかけるように父・梅宮が、「結婚は絶対に許さない。橋が腐って落ちそうになっていたら、渡るなというのは、親として当然でしょう」

と発言したものだから、それこそワイドショーの恰好のネタになり、羽賀が連日「誠意、誠意」と連呼する姿がテレビを通じて伝えられた。羽賀と親しい芸能レポーターもいう。

「梅宮さんが心配するのも当然でしょう。研二には親しい男友達がいないんです。それというのも、友達の彼女にま『あんなやつとより、僕と付き合ったほうが君のためになる』といって口説くんですから。研二の『女好き』は結婚してもなおりませんね」

だらしがないのは、女関係だけではなかった。もうひとつハッキリしないのが、羽賀の借金問題である。表に出ているだけでも等々力の自宅を抵当にした大手都市銀行からの極度額一億七千万円の債務がある。羽賀は、自宅以外に故郷の沖縄県宜野湾市の宅地や北谷町に宅地やビルを持っているが、これらの不動産も、銀行、ノンバンク、個人から合計二億五千三百四十万円(極度額)の借入の担保になっている。これだけで、すでに四億円以上の借金になるが、ほかにもまだあるようである。羽賀を知る芸能プロダクションの社長はいう。

羽賀研二「金と女」巨大伝説を徹底解明 『週刊朝日』Part1


その家は、目黒通りと環八が交差する東京・世田谷区等々力の高級住宅街にある。お屋敷が建ち並ぶ坂道の途中のこじんまりした瀟洒な二階建て。この家の持主は「當眞美喜男」、今年の芸能マスコミの話題を独占した「誠意君」こと羽賀研二(三三)だ。

それまで住んでいた大田区田園調布の借家から、昨年十一月この家を買って移り住んだ。敷地は百三十三平方㍍、建物は地下駐車場を含めて延べ百六十平方㍍。決して大きな家ではないが、地価が落ち着いたいまでも一億円はくだらない、といわれている。羽賀は大型のベンツ600SELを乗り回している。帰宅するとリモートコントロールで駐車場の扉が開き、ベンツがすべり込む。羽賀はさらにもう一台、イタリアのスポーツカー・フェラーリ412を持っていた。正規に購入すれば二千万円もするとわれる高級車だ。